Plextor SSDをご愛用頂いているすべてのユーザー様へ

Plextor SSD M5P/M5Pro Xtremeシリーズの仕様変更についてご説明いたします。

OFFICIAL ANNOUNCEMENT(PDF)
Plextor SSD M5P/M5Pro Xtremeシリーズの仕様変更について

OFFICIAL ANNOUNCEMENT(PDF)
仕様変更に伴う補足説明分

弊社のM5P/M5Pro XtremeシリーズはTOSHIBA製19nm toggle NANDフラッシュメモリを採用しています。TOSHIBAフラッシュメモリの供給パッケージ変更(BGAからTSOPへ)に伴い、2種類のPCB版が存在します。現行のFWバージョン1.02は双方のフラッシュに対応しており、パフォーマンスも同等となります。製造上の安全規定によりPCBのバージョンを変更する場合、モデルネームを変えなければならないので違うモデルネーム(M5P/M5Pro)が付けられました。

BGA(8KB/page)がTSOP(16KB/page)となり、一般的な使用状況下においては16KB/pageのGCは8KB/pageよりも資源を使います。ただし、Plextor FWのbuffer management方式の改良により無駄なGCの回数を抑え、またBGAタイプの2倍の16個のフラッシュメモリを搭載することで、コントロールできるIO数を倍増させ性能を保ちます。FWの技術によりM5Pro とM5P双方ともに厳格な長時間高温書き込み/読み込みテストをPassすることが出来ます。BGAタイプはサーマルパッドを採用していましたが、サーマルパッドはBGAタイプのチップの補助の役割も果たしており、TSOPへの設計変更により必要がなくなり設計が変更になりました。機能には影響ありません。熱はI/O時に発生となり両面16個のフラッシュ設計により高い放熱性をもたらすことができます。

弊社のPlextor M5P/M5ProはMarvell IC, TOSHIBAフラッシュ、独自のFWの組み合わせにより、顧客に5年間の品質保証を提供し続けることを保証します。

これからもPlextor製品を愛用し続けることを心よりお願い申し上げます。

Minnie Lin
Marketing Manager
Sales & Marketing Div.
PLDS Corporation

平素は格別のお引き立てを賜りまして、厚く御礼申し上げます。

Plextor SSD M5P/M5Pro XtremeシリーズのBGAおよびTSOP仕様の判別方法につきましてお知らせいたします。

M5P/M5Pro Xtreme等のパッケージデザイン、型番表記に関わらず製品パッケージ底面、シール部分の赤枠に表記されている「3C」から始まる10桁の文字列でご確認いただけます。

パッケージ底面のシール部分 赤枠部分

 

タイプ BGA(8KB/page) TSOP(16KB/page)
128GB 3C01110133 / 3C01110134 3C01110141 / 3C01110142
256GB 3C01120104 / 3C01120105 3C01120134 / 3C01120135
512GB 3C01140039 / 3C01140040 3C01140045 / 3C01140046

◆PX-M5PシリーズTSOP仕様製品情報
※2013年2月1日(金)に製品画像と一部の情報を修正
※2013年2月4日(月)にベンチマークを追加
PX-128M5P(TSOP)
http://www.links.co.jp/item/px-128m5p-2/

PX-256M5P(TSOP)
http://www.links.co.jp/item/px-256m5p-2/

PX-512M5P(TSOP)
http://www.links.co.jp/item/px-512m5p-2/

ユーザーの皆様、ならびに関係者各位の皆様に多大なご迷惑とご心配をおかけしたこと深くお詫び申し上げます。

株式会社リンクスインターナショナル

”Plextor SSD M5P/M5Pro Xtremeシリーズの仕様変更について”へのつぶやき

  1. Pingback: PLEXTOR PX-256M5P 256GB 高負荷ベンチマーク結果&チューニングTips

  2. Pingback: 修理に出したCORSAIR CSSD-N240GBGTX-BKが劣化版になって帰ってきた | アキハバラ自腹日記